SBS GROUP

ニュース

東北エリア全車両にエコナビを導入

2011年12月1日

PDF記事のダウンロードはこちら


 SBSフレートサービス株式会社(社長:服部秀美、本社:東京都江東区)は、今般、東北エリアの全車両にエコドライブナビゲーションシステム(以下、エコナビ)を導入、来年1月からの本格運用に向けて試用を開始しましたのでお知らせいたします。

当社は、東日本の太平洋側を中心に輸配送ネットワークを構築し、首都圏と東北・関西を結ぶ物流サービスをご提供しております。温度管理が必要な生鮮三品や精密機器などの輸送から海上コンテナのドレージ、物流センター運営まで豊富な実績を有しています。


導入車両は、当社の中で長距離輸送が多い東北エリアの5事業所(青森、八戸、盛岡、宮古、仙台)に所属する全65台です。10月末に取り付けを完了し、本格運用に向けて配送ルートや所要時間の見直しなどのデータ収集とドライバーへの操作研修に取り組んでいます。


 導入したエコナビはデジタコ機能を標準装備し、走行データやルートの記録に加え、走行中にリアルタイムで道路の勾配、路面状況、エンジン出力、積載重量などを検知して、ドライバーに最適なエコドライブ運転を支援する機能が最大の特長です。


当社では、従前よりドライバーに対するエコドライブや安全運転研修に積極的に取り組んでおりますが、教育に加え当該システムのようなエコドライブを支援する機器の導入を進めることで、さらなる低燃費と安全運転の推進を図ってまいります。


 今回導入したエコドライブナビゲーションシステム(ミヤマ株式会社製MHS-03DT)と取り付け状況日本貨物急送は、これからも環境にやさしい安全な輸送体制を一層充実させ、物流サービスの品質向上に努めてまいります。

以 上

企業情報・採用などに関する
お電話でのお問い合わせ
総務部
045-370-7305

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る