SBS GROUP

安全への取り組み

安全への取り組み 私たちSBSフレイトサービスは、公道を日々使用させていただく輸送業を営む企業として交通事故防止を最優先課題のひとつと考えています。「事故を絶対起こさない」ことを誓い、強い意識を持って毎日新たな気持ちで運転席に座れるように、朝礼、点呼、研修などあらゆる機会を通じてドライバーに訴え、事故防止に努めます。

運輸安全マネジメントの実施

SBSフレイトサービスは、安全を最優先とした計画の作成、実行、チェック、改善のサイクルを活用していく運輸安全マネジメントを実施し、具体的な指針となる安全管理規程を制定するなど輸送の安全確保に努めています。取り組みの詳細や達成状況については、「運輸安全マネジメント情報公開」をご覧ください。

安全性優良事業所(Gマーク)の取得

安全への取り組み 「安全性優良事業所(Gマーク)」は、トラック輸送の安全性に対して第三者による厳しい評価を受け、条件を満たした事業所だけが取得できます。SBSフレイトサービスは、長距離輸送の割合が高い青森営業所、八戸営業所、盛岡営業所、宮古営業所、仙台支店や地域への輸配送が主体の羽生営業所、袖ヶ浦営業所、延清営業所、静岡営業所、沼津営業所、下田営業所、湘南支店、小田原支店の合計13か所において、Gマークの認定を取得しています。今後も他の事業所での取得を進め、安全・安心な物流サービスを提供してまいります。

安全確保へ運行管理の充実

安全への取り組み運輸安全コンプラセミナーの受講風景 近年、事故防止や労働環境の改善を背景に法改正が頻繁に行われています。SBSグループで開催される運輸安全コンプラセミナーに積極的に参加し最新動向を学び、ドライバーが安全に業務を遂行できるよう運行管理の充実を図っています。

呼びかけ、確認で事故防止

安全への取り組み朝礼で点呼と安全確認 SBSフレイトサービスでは、朝礼で運転の注意点、事故傾向、交通状況などを全員に伝え、出庫時には一人ひとりのドライバーへの事故防止の呼びかけを徹底。帰庫時には、運転の振り返り確認を行っています。小さな積み重ねが事故防止の原点であると考えます。

ドライブレコーダー・デジタルタコグラフの導入

安全への取り組み記録映像で安全指導 運転時の映像を記録するドライブレコーダーと最新のデジタルタコグラフの導入を進めています。記録された映像や走行記録によりドライバーへの安全指導を行います。また、安全研修でヒヤリとした瞬間の映像を活用することで安全運転意識や運転モラルの向上に役立てています。

ナスバネットの活用・SAS検査

安全への取り組み模擬ドライブで適正診断 SBSグループで導入したナスバネット(インターネット運転適正診断システム)でドライバーの運転特性診断や個人カウンセリングなどを実施しています。定期的に受診させることで運転特性を把握し、個人特性に合った教育・指導で事故防止に努めます。また、全てのドライバーを対象にSAS(睡眠時無呼吸症候群)スクリーニング検査を実施し、健康状態に起因する事故の発生防止に取り組んでいます。

 

お問い合わせ

企業情報・採用などに関するお問い合わせ
総務部
045-370-7305

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

企業情報・採用などに関する
お電話でのお問い合わせ
総務部
045-370-7305

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る